院長ブログ

くりにっくおがたの主なメニュー
  • top
  • 院長あいさつ
  • 診療案内
  • 院長ブログ
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  1. Top
  2. 院長ブログ

お医者さんの使ってる言葉、理解できますか?

病院で使う言葉で、困ったことはありませんか。

 私も、薬を飲むことを「服用」といったり、婦人科での診察を「内診」と普通では使わない言葉を、つい患者さんに使ってしまうことがあります。

 「陰性ですね」いわれ、良かったのか悪かったのか判らなかった、とか「寛解」(*1)という言葉の響きから、完全に治ったと思ってしまったとか、また薬の飲み方で「食間」(*2)といわれ、食事中に飲むものと思っていたなど色々なことがあります。

 医者同士で手紙をやり取りするときは、なぜか先生の後に御侍史と入れます。普通のパソコンには入っていません。

 わからない言葉や表現があれば、遠慮なく聞いてください。質問をしたら気を悪くされるのでは?とか、恥かしい!とか思われるかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ聞かずに、検査・治療を受けると、大きな間違いを起こすことにもなりかねません。

*1 寛解:症状が軽減、もしくは一時的に消失した状態。

*2 食間:食事をとってから2時間くらいの空腹時が目安です。

ページトップへ戻る

あけましておめでとうございます

本年もスタッフ一同しっかりがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、「子宮頸部癌」を予防するワクチンが発売されました!

子宮癌はHPVという性交渉があれば誰でも感染する、ありふれたウイルスが原因とわかってきました。そのウイルスの感染を防ぐ抗体を得るために、ワクチンを注射します。ワクチンについて今わかっていることをまとめてみました。

1) 対象者は性体験のない若年者が効果的ですが、それ以外の方もある程度効果があります。

2) 接種は3回です。初回から1ヶ月後に2回目、7ヵ月後に3回目を行います。

3) 費用は未定ですが、予防は保険の対象にならないので、相当高くなると思います。

4) 効果はHPVウイルス全部ではなく、癌の発症率が高い16,18型のみですので、接種後に子宮癌

   検査を受ける必要がなくなるわけではありません。

わかりにくい事、お話を聞きたい方はどうぞご遠慮なくお越し下さい。

ページトップへ戻る

子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸部癌を予防するワクチンが発売されました。

 子宮癌はHPVという、性交渉があれば誰でも感染するありふれたウイルスが原因とわかってきました。そのウイルスの感染を防ぐ抗体を得るために、ワクチンを注射します。

 注射について、今わかっていることをまとめました。

1) 対象者は性体験のない若年者が効果的ですが、それ以外の方もある程度効果があります。

2) 接種は3回です。初回から1ヵ月後に2回目、7ヵ月後に3回目を行います。

3) 費用は未定ですが、予防は保険の対象にならないので相当高くなると思います。

4) 効果はHPVウイルス全部ではなく、癌の発症率が高い16型・18型のみですので、接種後に子

  宮癌検査を受ける必要がなくなるわけではありません。

ページトップへ戻る

年末年始の診療予定

いよいよ12月に入りました。お風邪などひかれていませんか?

さて、くりにっくおがたは12月28日まで通常通りの診察を行います。新年は1月6日より通常通りに始めさせていただきます。

デフレの風が舞う昨今、身も心も寒うございますが、どうぞご自愛下さい。

ページトップへ戻る

初めて受診される方へ

初めて診察をお受けになる方は、不安も多いと思いますが、当クリニックでは、患者様と医師とのコミュニケーションを重視しております、安心して今困っていることをおっしゃってください。
お話の内容を伺い、患者様に合わせた診療を行います。

お持ちになっていただくもの
保険証をお持ちください。

もし、他の医療機関で診察を受けた資料があれば、ぜひご持参ください。

必ずお聞きすることがあります。生理のあるかたは、最終生理日や生理周期、閉経された方は、閉経時期、他に今までかかった病気、現在飲んでいる薬があるか、などです。
受診する時は、いろいろ聞きたいことも多いと思います。事前にメモを取っておくとよいのではないかと思います。

来院する時、気になること、服装は? スカートでもズボンでも支障ありません。
生理中の場合は出来ない検査もありますが、気になることがあればまず来院してください、お話を聞き、出来る範囲内で診察いたします。

ページトップへ戻る

こんなとき産婦人科へ

こんな症状があれば来院してください。

生理が順調でない。
生理以外に出血がある。
生理痛が強い。
生理前に体調が悪い(気分が落ち込む、気分が悪い、頭痛、むくみがある)

下腹部が痛む。
腰が痛む
お腹にしこりがある。

おりものが多い。
外陰にかゆみがある。痛みがある。しこりがある。

更年期症状(のぼせ、めまい、気分の落ち込み)

症状がなくても

子宮癌、卵巣癌、乳がんの心配
性病の心配
更年期の心配
骨粗しょう症の心配

結婚前やそろそろ妊娠を考えている方(ブライダルチェックをしてみようかな)

なかなか妊娠しない。

生理日をずらしたい

避妊の相談(ピル? リング?)
避妊に失敗した。
予定外の妊娠

産婦人科じゃないかもしれないけど

膀胱炎?(血尿、排尿時痛、頻尿)
貧血?(息切れ、動悸)
便秘

コレステロールが高いといわれた。

これ以外でも、婦人科とは違うかもしれない症状でも相談してください。
近年診療科目が細分化しているので、自分の症状がどの先生に診てもらったらいいかわからないと言われることがあります。
気軽に相談してください、症状にあった科目をアドバイスいたします。

ページトップへ戻る

最近のエントリー
月間アーカイブ
診療時間
  • 月 火 水 金
    午前 9:30~13:00
    午後 15:30~18:30

  • 午前 9:30~13:00
  • ※診療受付は診療終了時間の30分前となります。
  • 休診日
    木曜・土曜の午後・日曜・祝祭日・年末年始
    (救急外来の場合はこの限りではありません)

    平成27年5月より予約制診療へ移行します。
    詳しくはWhat's New「予約制診療への移行について」参照
  • 自動電話予約WEB予約受付のご案内
  • 緒方ビルのご案内
  • 緒方洪庵記念財団